健康 視力

ファンケルのえんきんは効果なし?サプリメントの口コミや評判も調査!

更新日:

パソコンにスマホにゲームにと、現代人は目を酷使しすぎる傾向にあります。
そんな現代では、目のケアは積極的に行っていきたいもの。
また加齢とともにピントが合いにくくなる症状だって、適切なケアをすれば効果が感じられる事も少なくありません。

えんきんは、そうした目の症状に効果的なサプリメントです。
その効果や口コミについて、ご紹介していきます!

公式サイトはこちら

ファンケルのえんきんとは?

えんきんは、日本で初めて目の機能性表示食品と認められたサプリメントです。
累計販売戸数は1,000万個を突破しており、2017年度ファンケル通販サプリメントでは売上第1位を獲得しています。
さらに、2017年度ファンケル通販サプリメントお客様数も第1位となっている人気の商品なんですよ。

技術の飛躍的な発展にともなって、最近ではパソコンやスマホが生活の一部となっています。
仕事ではパソコンを使用し、休憩時間にはスマホを使用するというケースも多いですよね。
またゲーム機などの発展も目覚ましく、現代人は一日中何かしらの液晶を見ている事になるのです。
こうした状況は、目に大きな負担となります。

その負担を軽減するためには、日々少しずつでも目のケアをしていく必要があります。
しかし、まだ肌のお手入れの様に一般的ではない目のケア。
そのため、目のケアを怠ってしまっている人も大変多くいるのが現状なのです。

目のケアをせずに酷使を続けると、例え年齢が若くても老眼となる可能性があります。
俗に言う「スマホ老眼」と呼ばれるもので、これはスマホやパソコンなどによる目の使い過ぎによって起こります。
そうでなくても、加齢とともに目の機能はどうしても衰えてしまうもの。
そんな衰えを加速させてしまうのが、現代ならではの環境と言えるのです。
そこで、現代人にこそ目のケアが必要と言えます。

えんきんは、飲む事で目のケアが可能なサプリメントとなっています。
これならば、どんなに忙しい現代人でも手軽にケアを続けられる事でしょう。
 

ファンケルえんきんサプリの効果の秘密

ファンケルのえんきんサプリは、機能性表示食品となっている事が大きな魅力です。
機能性表示食品とは、科学的根拠に基づいて、特定の保健の目的が期待できるものの事を言います。
つまり、健康の維持や増進に役立つという科学的根拠がなければ、機能性表示食品とは言えないのです。

えんきんは、配合成分により手元のピント調節機能を助けたり目の使用からくる肩や首筋の負担を和らげてくれます。
各成分は、人間に作用する量を科学的根拠に基づいて配合しています。
そのため、目のケアに最適なサプリと言えるのです。
また、えんきんは臨床試験も行っています。
えんきんを摂取してから4週間後のピント調節力について調べたところ、あきらかにピント調節機能が改善されていたのです。
また肩や首筋も良くなったとする人が多く、えんきんの効果はさすが科学的根拠に基づいているものと言えるでしょう。

ちなみに、一般的な30代では見えやすい距離が約15㎝と言われていますが、加齢と共にその距離はどんどんと増えていきます。
40代では約30㎝、50代には約80㎝にもなり、60代には約100㎝にまでなってしまうのです。
この距離は目のピント調節力によるもので、加齢とともにこの力が弱まってしまう事が原因となっています。
また上記は平均的な老眼の症状と言えますが、目を酷使していると20代や30代でもこうした症状が現れる事があります。
えんきんは、そんなピント調節機能に効果的なサプリメントとなっているんですね。

興味のある方は、下のボタンから公式サイトへどうぞ!

公式サイトはこちら

ファンケルえんきんサプリの成分は?

では、ファンケルえんきんサプリに含まれている成分を1つずつ見ていきましょう。

シアニジン-3-グルコシド2.3mg

えんきんには、北欧産ブルーベリーと黒大豆由来のアントシアニンであるシアニジン-3-グルコシドが、2.3mg配合されています。
シアニジン-3-グルコシドはアントシアニンの中でも抗酸化力が強いとされているんです。
そして、血流を促進する効果や近視・老眼・視力の改善などにも効果が見込めるとされている成分なのです。

ルテイン10mg

ほうれん草やブロッコリーなどに多く含まれるカロテノイドであるルテインは、10mgを配合しています。
本来、目に多く存在しているルテインですが、自然と減少してきてしまう性質があります。
ルテインはブルーライトや紫外線などの光を吸収して、目の健康を維持するための成分です。
徐々に減ってしまうルテインだからこそ、積極的に摂取していくと良いのです。

アスタキサンチン4mg

サケやいくらに多く含まれる天然の赤い色素であるアスタキサンチンも、カロテノイドの一種です。
アスタキサンチンも抗酸化作用が高い事で知られ、その力はビタミンCの6千倍にもなると言われています。
目の新陳代謝を良くして疲労を軽減し、ピント調節機能をスムーズにしてくれる効果も科学的に証明されているんですよ。
えんきんでは、このアスタキサンチンを4mg配合しています。

DHA50mg

えんきんには、魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸であるDHAも50mg使用しています。
DHAは、ドライアイや加齢黄斑変性症に効果があるとされている成分です。
目が乾いていると、様々なトラブルの原因となってしまいます。
ドライアイになるとバリア機能が弱くなり、外部からの刺激をそのまま受けてしまう事にもなるのです。
それを防いでくれるDHAは、目の健康に欠かせない成分と言えますね。
 

ファンケルえんきんサプリの口コミ

ファンケルえんきんを使った人の口コミも見ていきます。

ファンケルえんきんサプリの悪い口コミ

普段はコンタクトとメガネを使用してるが、目は疲れるし夕方にはピントも合わなくなってくる。
そんな症状の改善を期待して購入したものの、あまり効果がわからなかった。
なんとなく、目の奥のジンジンがなくなった様な気がする程度だった。(40代女性)
遠視が強くなってきたため、購入した。
飲み始めて2週間、まだ効果は感じられない。(40代女性)

ファンケルえんきんサプリの良い口コミ

年とともに目の疲れがひどくなってきたために飲み始めた。
始めて1年は効果があるのかないのか分からなかった。
ある時メガネが見えにくくなってきたので視力を計ったら、視力がかなり回復していて度数が合わなくなっていた。
以前よりも裸眼でかなり見えるようになったので、これからも飲み続ける。(50代女性)
眼精疲労がひどくファンケルのブルーベリーを飲んでいたが、えんきんに変更。
ブルーベリーよりも配合成分が多いからなのか、断然眼精疲労に効果があった。(30代女性)
以前までは長時間パソコンを見ていると目がかすんできていたが、えんきんを飲み始めてからは長時間の作業でもずっとクリアに見える様になった。(30代女性)

口コミからわかること

悪い口コミでは、即効性がないという部分に多く言及されている印象でした。
人によって効果が出るまでの期間も様々ですが、やはり続けていく事で効果が少しずつ出てくるといったところでしょうか。
良い口コミでは、眼精疲労が軽減された、視力がアップしたなどの嬉しい報告が多く挙がっています。
ただし、その多くの場合で長くえんきんを飲み続けている様でした。
えんきんは、続けていく事で徐々に効果が現れるサプリと言えそうですね。

公式サイトはこちら

ファンケルえんきんサプリは安全?危険性はなし?

ファンケルえんきんは機能性表示食品となっていて臨床試験も済ませているため、基本的に安全で危険性のないサプリとなっています。
機能性表示食品は、機能性表示食品制度によって決められた国が指定した表示です。
販売前に安全性と機能性を、根拠のある情報と共に証明して消費者庁長官へ届け出て、これが受理されなければ表示できないものなんですよ。
えんきんはこの届出が受理されているので、安全なサプリと言えるんですね。

また100%自社開発をしているので、原料選びから研究までトータルで管理している事、高いレベルの品質基準を設けている事からも、その安全性がうかがえます。
もちろん合成着色料・香料、保存料無添加となっているので、健康へのこだわりも十分なんですね。
そして、植物由来ソフトカプセルを採用している点もポイントです。
これによってカプセルが早く溶けて、配合成分が酸化しない様になっているのです。
こうした様々な工夫によって、えんきんは安全で危険性のない商品と言えるんですね。
ただし体質的に合わない場合やアレルギーなどがある場合には、使用を控えていきましょう。
 

ファンケルえんきんサプリはどこで買える?

えんきんの販売場所についても調査しました。

Amazon 1,890円(税込・送料無料)
楽天 1,880円(税込・送料無料)
公式サイト 1,000円(税込・送料無料)

Amazonでも楽天でも販売されているえんきんですが、最安値は公式サイトでした。
通販で初めての購入ならば、お試し2週間分にもう1袋2週間分がついてきて1,000円(税込・送料無料)です。
これは、大変お得ですね。
返品・交換は無期限保証となっている事も、安心できるポイントです。

公式サイトはこちら

ファンケルえんきんとブルーベリーは実より葉を比較してみた

ここで、ブルーベリーは実より葉との比較を見てみましょう。

商品 価格 成分 効果
ファンケルえんきん 1,000円(税込・送料無料) シアニジン-3-グルコシド、ルテイン、アスタキサンチン、DHA ピント調節機能の改善、目の使用による肩や首筋の負担軽減
ブルーベリーは実より葉 2,890円(税別・送料無料) ビルベリー、ルテイン、レスベラトロール、クロセチンなど 手元のぼんやり軽減

えんきんの最大の特徴は、機能性表示食品であるという点です。
ブルーベリーは実より葉も、目に効果的な成分を多く含むサプリである事は間違いありません。
しかし実際に利用するのならば、科学的な根拠がある方が安心かもしれません。
またえんきんは価格もお手頃なので、お試ししやすいと言った特徴もありそうですね。
 

まとめ

老眼は、20代でも他人事ではありません。
パソコンやスマホがどんどんと進化している時代だからこそ、目のケアはしっかりと行っていく必要があるのです。
えんきんは機能性表示食品で、飲むだけで目のケアができるサプリです。
ぜひ毎日の習慣に取り入れて、目の健康を維持して快適に過ごしていきましょう!

公式サイトはこちら

-健康, 視力
-, , , ,

Copyright© HumanHack , 2018 AllRights Reserved.