その他

ジーンライフの評判は悪い?遺伝子検査の口コミは?マイコードと比較してみた

更新日:


皆さんは自分に遺伝子について、考えたことはありますか?
父親と母親、そして先祖から受け継いだ遺伝子には、実にさまざまな情報が詰め込まれています。

今回紹介するのは、そんな遺伝子の情報からさまざまなリスクを知ることができる「ジーンライフ」です。
どんなことを検査できるのか、購入から検査までの流れなど、気になることをまとめました。
なお「ジーンライフ」にはいくつかの商品がありますが、今回紹介するのは「ジーンライフ ジェネシス2.0」とします。

公式サイトはこちら

ジーンライフとは?

リスクを未然に知る

遺伝子にはさまざまな情報が詰まっています。
その中には、特定の病気を引き起こしやすい遺伝子も確認されています。
もちろんリスクの高い遺伝子があるからといって、その病気を確実に引き起こすとは限りません。
そういったリスクが高いことを自覚しつつ、生活習慣に気を配ることで、病気になる可能性を下げることも可能になります。
「うちの家系は○○の病気で亡くなる人が多い」
などぼんやりとした情報が、より明確なものになるというイメージでしょうか。

世界最多の360項目を解析

これまでは病院など専門機関でしか受けることができなかった遺伝子検査ですが、近年では自宅にいながらにして検査から結果を知るところまで完結する検査キットが販売されています。
「ジーンライフ」もそんなキットの1つです。
遺伝子検査キットにもさまざまな種類があり、キットによって解析できる内容は異なります。
「ジーンライフ」は肥満タイプや病気のリスクなど、世界最多の360項目を解析できます。

遺伝子検査キットは他社商品も含めて数が増えてきましたが、「ジーンライフ」はその中で国内シェアの70%を占める圧倒的な存在となっています。
累計解析実績は58万人、Amazonや楽天の遺伝子検査キットランキングでも1位を獲得するなど、高い評価を得ている遺伝子検査キットです。

ジーンライフはどんなことを検査できる?

それでは「ジーンライフ」でどんな検査ができるのか紹介しましょう。

疾患リスク

将来起こりうる疾患のリスクを判定します。
具体的には以下の項目があります。

  • 生活習慣病
  • 心筋梗塞
  • 高血圧
  • 各種ガン
  • 2型糖尿病

これらの病気のリスクを事前に知っておくことで、実際に発症することがないように生活習慣を改善することができます。
例えば高血圧になりやすい遺伝子であれば、塩分の摂取や酒の飲み過ぎに注意する。
2型糖尿病になりやすい遺伝子であれば、糖分の摂取量に注意を払う。

遺伝子検査は診断ではなく、遺伝子を元にリスクを把握するためのものです。
リスクが高いからといってその病気に必ずなるというわけではないので、過度に不安視する必要はありません。

ダイエット

自分の体質にあった効率的なダイエット方法を見つけるのにも活用できます。
世間一般に広まっているダイエット方法は、あくまで一般論に基づいたもので、受け取る人によってはそれがベストというわけではありません。
「友だちはこの方法で痩せられたのに」というのは、実は遺伝子の違いが影響しているのかもしれません。

例えば糖質の代謝が苦手な体質の人は、リンゴ型と判定されます。
リンゴ型の人は糖質を控えめにするダイエットが効果を発揮するでしょう。
脂質の代謝が苦手な人は洋ナシ型で、脂質のとりすぎに注意する必要があります。
筋肉がつきにくい体質の人はバナナ型で、運動よりも食事制限に力を入れたほうが、効果が出やすいでしょう。

美容

スキンケアの方法も、遺伝子によって変わってきます。
しわができやすい体質の人は、保湿であったりタンパク質の摂取であったりをより意識すると良いでしょう。
シミができやすい体質の人は、日焼け対策に入念に取り組む必要があるでしょう。
抗酸化力が弱い体質の人は、肌の老化が進みやすいので、ビタミンEやポリフェノールなど抗酸化力の高い食品を意識して摂取するのがよいでしょう。

祖先のルーツ

人類の起源はアフリカ大陸にあると言われ、そこから世界各地に分かれていきました。
日本人の95%は、その中の9人が起源とされています。
あなたがどの母親からの子孫にあたるタイプかを検査します。

360の多彩な検査項目

代表的なものを取り上げましたが、それ以外にもさまざまな項目を判定します。
アルコールの代謝のしやすさ、アレルギー体質あたりは、知っておくことで普段の生活にすぐ活かすことができます。
筋肉の発達の仕方や、運動能力あたりは、スポーツに取り組んでいる人がトレーニング方法を検討する上で役立つかもしれません。

360項目すべてを紹介することはできませんが、気になる人は公式サイトなどで確認してください。

検査結果はPC・スマホで

検査結果はパソコンやスマホで確認可能です。
遺伝情報は究極のプライバシーですので、このような対応は助かりますね。
検査結果は数値を羅列した難しいものではなく、表や解説を交えて理解しやすいものになっています。
食事や運動、睡眠など生活習慣を見直すアドバイスもありますので、すぐに活用できます。

どんな会社が検査をするの?

「ジーンライフ」はジェネシスヘルスケア社のサービスです。
国内でゆういつ、遺伝子解析だけを専門に行っている会社です。
遺伝子解析の実績は58万人以上。
国内解析実績はナンバーワンです。

自社の研究所、解析センターを運営しており、カスタムチップを導入することで高い解析品質を確認しています。
業界団体の自主基準を遵守し、健全で適正に遺伝子検査サービスを提供していることを示す、「CPIGI認定」も取得しています。
遺伝子検査サービスは数多くありますが、中には情報管理が適正でないサービスもありますから、その点では安心できるのではないでしょうか。

公式サイトはこちら

遺伝子検査の口コミ一覧!

ここで「ジーンライフ」利用者の口コミを見ていきましょう。

いい口コミ

まずは満足している人の口コミです。

ジーンライフを利用してみて、病気のリスクだけではなくて、ダイエットの向き不向きとか、ニオイの感じやすさとかも分かってしまうのは面白かったです。
遺伝子っていろんなことに関係しているんですね。とても勉強になりました。(40代女性)
遺伝子検査に興味があり、ジーンライフでは360項目も分かるということで申し込んでみることにしました。
PCやスマホで結果が確認できるのは便利ですね。
特定の癌に対するリスクが高いとの結果が出たので、生活習慣を見直していきたいと思います。(40代男性)
遺伝子の情報を他の人に渡してしまうのはなんとなく不安があったのですが、ジーンライフは国内最大手で、情報管理もしっかりしていそうなのでおまかせすることにしました。
実際に受けてみて、こんなことまで分かるんだと感動しています。
生活の中でうまく活用できたらなと思いました。(50代女性)

悪い口コミ

ジーンライフで遺伝子を調べてもらいました。
具体的な内容は伏せますが、特定の病気のリスクが高いと診断されてしまってショックでした。
あくまでリスクではあるのですが、将来が急に不安になってきました。(30代男性)
あるダイエットに取り組んできたのですが、遺伝子検査をしたところ、それは効果が薄いとのこと。
自分で調べてもらったこととはいえ、否定されるのはやっぱり悲しいですね。
気持ちを切り替えて自分としっかり向き合おうと思います。(30代女性)
せっかくやるのならたくさん調べたほうがいいだろうと思って申し込みました。
ただ結果を見てみると、正直ここまで詳しくなくてもいいかなと。
料金を考えると、もう少し別のコースでもよかったかなと後悔しています。(40代女性)

口コミから分かること

利用する上で知っておくべきなのは、あくまで遺伝子上のリスクを調べるものであるという点です。
絶対その病気にかかるというわけではないですし、逆にリスクが低いからといって絶対安心というわけでもありません。
それを理解できていれば、「ジーンライフ」を効果的に活用できるのではないでしょうか。

公式サイトはこちら

ジーンライフとマイコードを比較!

ここで遺伝子検査キットの「マイコード」と比較してみましょう。
いずれの検査キットも、検査項目によりいくつかのバリエーションがあります。
ここでは「ジーンライフ ジェネシス2.0」と「マイコード ヘルスケア」を比較します。

価格の比較

ジーンライフ 29,800円(税別)
マイコード 29,800円(税別)

価格は同じとなりました。

検査できる内容の比較

ジーンライフ 360項目
マイコード 280項目

検査項目の数が充実しているのは「ジーンライフ」です。
基本的な項目はどちらでも対応していますが、細かい点で異なる部分がありますので、それぞれの公式サイトで比較してみてください。
せっかく同じ金額を払うなら、たくさんの項目を受けられたほうがいいと考える人には、「ジーンライフ」がおすすめされます。

特徴の比較

ジーンライフ 売上ナンバーワン、360項目の検査
マイコード 検査レポートブック(別料金)

「マイコード ヘルスケア」に4,980円(税別)の料金を追加することで、検査レポートブックが送られてきます。
検査結果を常に手元においておけますので、手軽に確認することができます。
さらに厳選された最大26項目の病気について、冊子ならではのレイアウトで詳しく解説しています。
PCやスマホでは満足できない人は、追加料金はかかりますが、こちらはマイコードならではのサービスとなります。

「ジーンライフ」についてはここまで解説したとおりです。
国内ではトップの実績と、検査項目の多さが大きな特徴となっています。

ジーンライフはどんな人におすすめ?

信頼感がある

国内最大手であり、検査数もナンバーワンということで、実績は十分です。
適切な情報管理を行っている証であるCPIGI認定を受けているのもポイントでしょう。

検査項目の多さ

360項目は世界最多とのこと。
せっかく受けるのであればいろいろ知っておくのに越したことはないですよね。

公式サイトはこちら

ジーンライフの検査方法

まずは検査キットを購入します。
申し込み手続きの書類を記入した後、キットを使って唾液を採取します。
それらを指定の住所に返送すると解析が行われます。
解析結果はPCやスマホで確認しますので、誰かに見られる心配はありません。

まとめ

遺伝子検査キット「ジーンライフ」の紹介でした。
世界最多360項目の検査でリスクや体質を理解し、生活の中で上手に活用していきましょう。

公式サイトはこちら

-その他
-,

Copyright© HumanHack , 2018 AllRights Reserved.