ダイエット

ヴィーナスカーブの口コミは?効果的な履き方で痩せる!サイズも紹介!

更新日:


皆さんの体の中で、ここをしっかり引き締めたいという部分はあるでしょうか。
人によっても異なると思いますが、お腹周りからお尻、太ももまでのゾーンは、気になる人も多いのではないでしょうか。
ダイエットをしようと思っても、そう簡単なことではないですよね。

今回紹介する「ヴィーナスカーブ」は、骨盤を引き締めることでダイエットを目指すという、加圧式骨盤ガードルです。
なぜ骨盤が問題となるのか、そして商品の効果など、気になるところをまとめました。

ヴィーナスカーブって何?

ダイエットをしても痩せられない原因は

ダイエットというと一般的には、食事制限であったり運動であったりが思い浮かびます。
いずれもそれなりに努力が必要となりますが、せっかくがんばってもなかなかやせることできないと感じる人も多いようです。
実はこれ、あなたの努力不足ではなく、骨盤のゆがみが原因になっている可能性があるのです。
骨盤とは、上半身と下半身のつなぎ目にあたる部分で、身体を支える役割がある重要な部分です。
骨盤がゆがんでしまうと、それにそって脂肪がついてしまうため、同じ体重であってもスタイルが崩れて見えることがあります。
それ以外にも骨盤のゆがみには、老廃物の排出が滞ったり代謝が低下する可能性も。
見落としがちですがしっかり対処していく必要があるのです。

骨盤を引きしめるヴィーナスカーブ

骨盤のゆがみが原因となっている場合、運動や食事だけで解決するのはなかなか難しいでしょう。
骨盤のゆがみの原因は、悪い姿勢だけではなく、女性では妊娠が関係していることもあります。
エステや整体で矯正してもらうこともできるでしょうが、時間もお金もかかるのが難点です。
そんな女性のために開発されたのが、この「ヴィーナスカーブ」なのです。

「ヴィーナスカーブ」はこれまでに累計30万枚の販売を突破しているんです。
販売ペースは47秒に1枚ということで、入荷をしてもすぐに完売してしまうくらいの人気商品。
利用者の満足度も98.7%、リピート率も94.7%なのが驚きです!

1ヶ月以上利用しての体重変化では、42%の人が-5kgから10kgの体重減少効果を実感しているとのことです。

履くだけで骨盤周りを引き締め加圧効果が得られるこの商品について、具体的な効果を見ていきましょう。

ヴィーナスカーブの効果の秘密

骨盤周りを全体から加圧

緩んでしまう骨盤周りに、360度から加圧してしっかり引き締めます。
ただ引き締めるだけのガードルも少なくありませんが。着用するのが苦痛になっては、なかなか続けることはできません。
「ヴィーナスカーブ」は必要な加圧はしっかりしつつも、適切な加圧の仕方で着用時の違和感を軽減する縫い方になっています。

画像中の数値では、太ももの加圧が異常に大きくなっていますが、これはおそらく誤りでしょう。

脂肪のつき方によってスタイルが崩れる可能性については、先ほどお話したとおり。
それ以外にも、骨盤がゆがむことの弊害はあります。
それは骨盤のゆがみが招く内臓機能の低下です。
骨盤がゆがむと、内臓が本来の位置より下がってしまうことがあります。
すると内臓の働きが悪くなり、血液やリンパの循環が悪くなります。
これらは必要なものを運ぶだけではなく、老廃物を回収する役割も担います。
その流れが悪くなることで、老廃物が回収されにくくなり、たまりやすい体質になってしまいます。

骨盤をサポートすることは、内臓の働きを整え、老廃物を適切に排出する効果も期待されるのです。

ツボ押し効果

人間の体にはたくさんのツボがあります。
それらを刺激することで、血流を良くしたり代謝を高めたり、さまざまな効果が期待されます。
「ヴィーナスカーブ」では骨盤に最適なツボを刺激し、ダイエットにも効果的に役立てます。

体温上昇で代謝アップ

「ヴィーナスカーブ」を着用した状態と、そうでない状態を比較すると、体温の上昇を確認することができます。
体温が上昇すれば代謝が上がり、血行も促進されます。
つまりエネルギーを燃焼して、履くだけでダイエット効果が期待できるということになります。

ヴィーナスカーブの効果的な履き方は?

基本的にはいつ着用しても問題はありません。
身体にフィットする形状ですので、服の下に着用していても目立つことはありません。
公式サイトでおすすめされているのは、寝る前に着用して就寝中に効果を実感する方法です。
毎日着用することで、より効果を実感しやすいとのことでした。

ヴィーナスカーブの副作用や危険性

基本的には安全性の高い商品となっています。
ただし体型によっては、履いていると苦しさを感じたり、赤くなったりすることもあります。
サイズをよく確認したうえで購入するようにしてください。

ヴィーナスカーブの口コミ

「ヴィーナスカーブ」利用者の口コミを見ていきましょう。

いい口コミ

まずは商品に満足している人の口コミです。

好きなものを好きなだけ食べる食生活がたたり、気づけばウエストは人に見せられないほどになっていました。
これはまずいと思って運動をはじめましたが、学生時代と比べると体力も落ちてしまい、仕事の忙しさもあってなかなか頑張ることができませんでした。
いい方法はないかと探していたところ、ヴィーナスカーブを発見。
履くだけでいいというので半信半疑だったのですが、とりあえず試してみることにしました。
すると1ヶ月後くらいから、ウエストが引き締まってきているのを実感しました。
体が軽くなると、運動もやる気が出て、理想的なスタイルに近づきつつあります。(20代女性)
出産後にスタイルが崩れてしまいました。
骨盤のゆがみが影響しているということなので、ガードルを付けていた時期もあったのですが、締め付けが辛くてやめてしまいました。
ヴィーナスカーブはガードルほどの締め付けはないのですが、履き心地がいいので、一日中付けていても苦になることはありません。
適度な加圧がありますので、ちょっと動くだけでじんわりと汗をかき、代謝にも効果があると実感しています。(20代女性)
気になる男性がいるのですが、今の体型ではアプローチする自信はまったくありません。
食事制限も頑張ってはみたのですが、体調を崩したりリバウンドがひどかったりで結局断念。
そんなときに友人に勧められたのがヴィーナスカーブでした。
ヴィーナスカーブなら履くだけで効果を実感できるので、寝ているときに着用してみることに。
最初は違和感がありましたがそれにも慣れて、特にお尻のあたりが締まってきたかなと感じています。
女性らしいスタイルを手に入れて、男性関係も積極的になれたらいいなと思っています。(30代女性)

口コミから分かること

骨盤ダイエットという言葉を耳にすることもありますが、「ヴィーナスカーブ」なら着用するだけで、そのような効果を実感することができる可能性があります。
手間もかかりませんので、とても手軽な方法ですよね。

悪い口コミ

続いては商品に満足していない人の口コミです。

ダイエットできないのは骨盤に問題がある可能性があると知りました。
姿勢も悪いしたしかにそうかもと思って、購入してみたのがヴィーナスカーブです。
公式サイトにある通り、就寝中に着用するようにしていました。
だいたい1ヶ月くらい続けてみましたが、減ったのは1cm程度だったので、正直誤差の範囲だなと思いました。
ダイエットは運動と食事が大切だと、改めて思い知る結果になりました。(20代女性)
ヴィーナスカーブは加圧してくれている効果か、着用していると体温がじわっと上がってくる効果があります。
就寝中に着用する分には問題なかったのですが、効果をもっと実感しようと思って日中に着用してみたのが大失敗。
暑い日だったこともありかなり汗をかいてしまって、一日中そわそわしながら過ごすことになりました。
汗っかきの人や、気温の高い日は気をつけたほうがいいかもしれません。(20代女性)
加圧ガードルということでしたが、締めつけ感を実感することはできませんでした。
自分の体型が合わなかったのかなと思っていますが、一般的なストッキングレベルに感じてしまいました。(30代女性)

口コミから分かること

残念ながら効果を実感できない人もいました。
体型であったり体質であったりによっては、満足のいく効果を得られないこともあります。
そのあたりは考慮しておく必要があるでしょう。

どんなダイエット方法であっても、合う合わないがあるのは仕方のないことです。

ヴィーナスカーブをクビレニスタと比較!

それではここで、似たような特徴をもつ「クビレニスタ」と比較してみましょう。

価格の比較

ヴィーナスカーブ  3,980円(税込・送料800円)
クビレニスタ  3,980円(税別・送料500円)

税表記を揃えると、両商品には数十円の違いしかありません。
価格に関してはほぼ同じと考えて良いでしょう。
またいずれの商品もセット販売をしていますが、その場合も購入価格に大きな差はありません。

サイズの比較

ヴィーナスカーブ M-L:ウエスト64〜77cm、ヒップ87〜100cm
L-LL:ウエスト39〜85cm、ヒップ92〜105cm
クビレニスタ Mサイズ:ウエスト60〜78cm、ヒップ83〜95cm
Lサイズ:ウエスト69〜79cm、ヒップ96〜105cm

いずれも2サイズ展開となります。
ただ「ヴィーナスカーブ」のL-LLサイズのウエストサイズ表記に関しては、間違っている可能性が高いでしょう。

特徴の比較

ヴィーナスカーブ ガードル型
クビレニスタ ショーツ型

「ヴィーナスカーブ」が腰回りから太ももまでを覆う商品であるのに対し、「クビレニスタ」はお尻付近のみを覆う商品となります。
「クビレニスタ」も骨盤のサポートを目的とした商品ですが、どのように加圧されるのかなど詳しい解説が、公式サイトにないのは気になりました。

ヴィーナスカーブの最安値はどこ?

ここで大手ネット通販サイトと、公式サイトにおける購入価格を比較してみましょう。

Amazon  取り扱いなし
楽天  4,298円(税込・送料800円)
公式サイト  3,980円(税込・送料800円)

ヴィーナスカーブ公式サイトの価格・コース・送料

最後に「ヴィーナスカーブ」の公式サイトにおける購入価格を、詳しく見ておきましょう。

 価格  1枚あたりの価格
単品価格  3,980円(税込・送料800円)  4,780円(税込)
3枚セット  11,940円(税別・送料無料)  4,298円(税込)
5+1枚セット  19,800円(税別・送料無料)  3,564円(税込)

より多くの枚数を購入すると、1枚あたりの価格が安くなるのが分かります。
必要に応じてどれにするか選択すると良いでしょう。

まとめ

「ヴィーナスカーブ」の紹介でした。
ダイエットをしてもなかなか効果がないという人は、骨盤にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

-ダイエット
-,

Copyright© HumanHack , 2018 AllRights Reserved.