健康

白井田七は効果なし?成分は副作用ある?白井田七。甕との違いは?飲み方や最安値も紹介

投稿日:


今の時代はさまざまなサプリメントが販売されており、ネット通販でも手軽に購入できます。
しかし同じような効果をうたっていても成分が違ったり、表現が違ったり、どれが本当に効果があるのかはなかなか分かりません。
せっかく利用するのであれば、効果が確かなものを利用したいものです。

今回紹介するのは「白井田七」というサプリです。
どんな成分を配合しているのか、どんな効果があるのかについてまとめましたので、参考にしてください。

公式サイトはこちら

白井田七って何?

「白井田七」は錠剤のサプリメントです。
「めぐりをサポートするサプリ」とのことですが、血のめぐりが悪くなって発生する諸症状にお悩みの人向けのサプリです。
血流は目に見えるものではありませんので、その症状にはなかなか気づかないかもしれません。
具体的にいうと、

  • だるくて力が入らない。
  • わけもなくドキドキすることがある。
  • 元気がなく青白い。

などが考えられます。

血流の悪化は、体温の低下も招きます。
体温が下がると免疫機能が低下しますので、病気にかかりやすくなります。
新陳代謝も低下しますから、肌などの悩みも多くなりがちです。

そういった諸症状に効果が期待されるサプリが、「白井田七」です。

白井田七の効果・成分の秘密

田七人参

「白井田七」の主成分は田七人参で、錠剤の98%を占めます。
正式名称を「サンシチニンジン」といいます。
原産地は中国雲南省を中心とする、環境の厳しい高山です。
それゆえに中国でも、古くから一般的に使われてきたものではありませんが、現地では数百年の昔から、健康維持や滋養強壮目的で利用されてきたとのことです。

田七人参には「金不換」との別名もあります。
これはお金には変えられないほど価値が高いという意味です。
生育するのに3年から7年を必要とすること。
一旦収穫するとその土地は10年雑草も生えないほどにやせ細ること。
量産がほとんど不可能であることから、非常に価値が高い植物となっています。

サポニンに注目

その田七人参の成分において、注目されるのがサポニンです。
近年その健康効果が注目されるサポニンは、大豆や高麗人参などにも多く含まれます。
田七人参にはなんと、高麗人参の約7倍ものサポニンが含まれるということで、非常に高い期待が寄せられているわけです。
サポニンの効果効能は、配合されている食材によって異なります。
田七人参のサポニンは、血行を改善する働きが注目されています。
先ほど紹介したような症状にお悩みの人は、試してみる価値はあるでしょう。

栽培方法にもこだわり

田七人参は栽培方法にもこだわっています。
使用されているのは中国奥地の、ベトナムやラオスの国境付近で育てられています。
標高2000mの高地に、山をひとつ借りて栽培しているとのことです。
こうしているのは、農薬で汚染された農業用水の影響を断つ目的だそうです。

先ほど田七人参を栽培することの難しさをお話しました。
さらに害虫に弱いこともありますので、これまでは農薬や化学肥料を使用するのが一般的であったそうです。
しかしトウガラシなどの天然素材を用いた害虫忌避剤を作り散布することで、有機栽培に成功しました。

12年におよぶ農法改善の成果もあり、田七人参の栽培では初となるIFOAM(国際有機運動連盟)の認証を取得しています。
これはつまり、世界最高水準の有機栽培が行われていることを意味します。

有機玄米

サプリには粉末状、錠剤などの形態があります。
錠剤であれば飲みやすいのですが、つなぎが必要になりますので、余分な成分が多くなりがちです。
「白井田七」ではつなぎとして有機玄米を使用しています。
2つの成分を配合し圧力のみによって形状を整えていますので、ちょっと力を加えるだけで崩れてしまいます。
多少の注意は必要になりますが、ムダなものを加えていない証拠でもあります。

白井田七の効果的な飲み方は?

「白井田七」は錠剤のサプリです。
推奨摂取量は、1日あたり4粒となっています。

サプリですので、基本的にはいつ飲んでも問題はありません。
胃が弱い人の場合は、食前食後など胃が活発に動いている時間帯がよいでしょう。

白井田七の副作用や危険性

「白井田七」の成分は田七人参と有機玄米のみです。
先ほども紹介したとおり、栽培環境へのこだわりは非常に高いため、安全性は極めて高いと考えられます。

ただし成分にアレルギーがある場合はその限りではありません。
摂取により異変を感じられた場合には、ただちに中断して医師に相談するようにしましょう。

白井田七の口コミ

ここからは「白井田七」利用者の口コミを紹介します。

いい口コミ

まずは満足している人の口コミです。

田七人参のサプリはたくさんあってどれがいいか調べてみたのですが、配合量の多い白井田七にしました。
体が冷えやすく血のめぐりが悪いなと感じていたのですが、飲み始めてからは冷えにくくなったなと感じています。
体温が上がると病気にもなりにくいというので、今後にも期待したいです。(40代女性)
中国の原料はやっぱり不安があるのですが、白井田七は有機栽培などしっかりこだわって作っていることが公式サイトで分かりましたので、購入させていただきました。
錠剤で飲みやすいのもよかったです。(40代女性)
50歳になったころから、体がだんだん動かなくなってきたなと感じていました。
年齢のせいかとも思ったのですが、まだまだ元気でいたいと思ったので、友だちに勧められて白井田七を飲み始めました。
飲んで3ヶ月くらいですが、前より疲れにくくなったように思います。(50代女性)

口コミから分かること

血のめぐりが悪くなると、体のさまざまな部分に影響が出てきます。
豊富なサポニンが含まれる田七人参の効果を体感できている人も多いようですね。

悪い口コミ

続いては満足していない人の口コミです。

久しぶりに運動してみたら、すぐに疲れてしまいました。
血のめぐりが悪くなると疲れやすいというので、白井田七を飲んでみることに。
しばらく飲んでいますがあまり効果を感じないので、単純に体力不足なのでしょうか。(40代女性)
ほかの田七人参サプリから乗り換えました。
ちょっと価格も高いですがこだわりもありそうなので期待しましたが、あまり変わっていないように思います。
有機栽培なので安心ではありますが、ちょっと残念でした。(50代女性)
粒がすぐ壊れてしまうので、保管にはかなり気を使います。
終わりの方は粉々になっていたりするので、もうちょっとなんとかなればいいですね。(50代女性)

口コミから分かること

満足していない口コミも見られました。
症状は人それぞれですから、これについてはやむを得ない部分もあるでしょう。
またどこを重視するかにより、メリットにもデメリットにもなりえますので、それは捉え方次第でしょう。

白井田七と白井田七。甕は何が違う?比較してみた!

「白井田七」とよく似たサプリに「白井田七。甕」があります。
同じ会社から発売されているシリーズ商品ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

価格の比較

まずは価格です。
それぞれ定期コースの2回目以降の価格を比較します。

白井田七  5,184円(税別・送料無料)
白井田七。甕  7,392円(税別・送料無料)

価格が安いのは「白井田七」です。
田七人参が主成分であることは同じなのでしょうが、ほかの成分に違いがあるのでしょうか。
次の項目でチェックします。

成分の比較

それでは成分を比較していきましょう。

白井田七 田七人参、有機玄米
白井田七。甕 オリゴ糖、ライチ果汁、田七人参酢など

「白井田七」が田七人参98%なのに対して、「白井田七。甕」はさまざまな成分を配合していることが分かります。

田七人参は同じものを使っていますが、「白井田七。甕」ではこれを粉末状にし、黒酢の甕に仕込んで1ヶ月じっくり発酵。
その後1年間かけてじっくり熟成し、田七人参のパワーを引き出しているとのことです。

女性ホルモンと同じ構造でさまざまな不調をサポートする「ザクロ」。
体内にもある成分で、ヒアルロン酸の1.3倍の保水力を誇る「プロテオグリカン」。
抗酸化作用があるポリフェノールを豊富に配合している「アサイーベリー」。
和漢のさまざまな成分を配合しているのが、「白井田七。甕」の特徴です。

価格が高いだけのことはあり、成分が充実しているのは「白井田七。甕」です。

特徴の比較

白井田七 血のめぐりが気になる人向けのサプリ
白井田七。甕 血のめぐり、その他さまざまな不調が気になる人向けのサプリ

成分が少ない分、「白井田七」は血のめぐりの悩みに特化したサプリになっています。
価格、お悩みの症状との兼ね合いで、どちらを購入するか決めるのがよいでしょう。

公式サイトはこちら

白井田七の最安値はどこ?

それではここで、主要ネット通販サイトと公式サイトの価格を比較してみましょう。

Amazon 5,980円(税込・送料無料)
楽天 5,980円(税込・送料無料)
公式サイト 5,184円(税別・送料無料)

公式サイトのみ、定期コースの2回目以降の価格を記載しています。
税表記を揃えると、公式サイトのほうが400円ほど安くなります。

白井田七公式サイトの価格・コース・送料

最後に「白井田七」を公式サイトで買う場合の価格について、コース別に紹介します。

通常価格 1袋6,480円(税別・送料無料)
毎月1袋コース 初回:3,980円(税別・送料無料)、2回目以降:5,184円(税別・送料無料)
毎月2袋コース 初回:7,960円(税別・送料無料)、2回目以降:0,368円(税別・送料無料)

ネット通販の定期コースというと、購入回数の縛りがあることも多いですよね。
ただし「白井田七」では、そのような縛りはありません。
解約を希望する場合は、次回配送の10日前までであればいつでも解約することができます。

まとめ

「白井田七」の紹介でした。
豊富なサポニンで血のめぐりの問題に対応するサプリを、一度試してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

-健康
-,

Copyright© HumanHack , 2018 AllRights Reserved.