健康

レバリズムLの口コミ評判まとめ!肝臓に効果なし?どんな成分が入ってる?

更新日:

今回紹介する「レバリズム・L」は、肝臓の調子をととのえるためのサプリメントです。
具体的には肝臓にどんな効果があるのか?口コミや配合している成分などとともに紹介します!

レバリズム・Lの口コミ!

まずは、気になる「レバリズム・L」利用者の口コミを見ていきましょう!

いい口コミ

いい口コミ

まずは、満足している方の口コミです。

食生活が乱れているせいか、体調的にすぐれない日も多く、なんとなく健康に不安があります。
レバリズム・Lを始めてみて、気分的なものもあるかもしれませんが、スッキリする日が増えているような気がします。(30代男性)
健康診断で肝臓の数値が悪化していて危機感をいだきました。
レバリズム・Lを継続して飲むようになってからは、多少改善していますので安心しています。(40代男性)
お酒はあまり強くないのですが、付き合いで飲むことが多くて肝臓にも負担をかけていると思います。
これを飲むようになってから、朝起きたときのすっきり感は間違いなくあるので、効果はあるんだと思います。(40代男性)
夜勤仕事もありますので、夜食をすることも多くて体には良くないなと自覚しています。
レバリズム・Lを飲んでいると、疲れが溜まりにくくなったような感じがあります。(40代男性)
毎年ある健康診断が憂うつではあるのですが、運動もしたくないですし食欲も落ちません。
何もやらないよりはと思ってレバリズム・Lを飲んでいますが、去年より数値は改善!
とはいえ、やっぱり生活習慣はなんとかしないといけないですよね。(40代男性)
いつまでも健康でいたいので、レバリズム・Lを始めることにしました。
いつもは夕方頃には疲れが出ていたのですが、それを感じなくなりました。(50代男性)
レバリズム・Lを飲むようになってからは、朝のだるさがなくなったように感じています。
朝がだめだと1日だめですから、これは本当に良かったなと思います。(50代男性)

悪い口コミ

悪い口コミ

続いては、満足できなかった方の口コミです。

飲み会が続いて体調が悪いことも多いので、レバリズム・Lを飲んでみることに。
しかし、これだけでどうにかなるものではないですね。(40代男性)
肝臓の数値が気になっているところで、家族にレバリズム・Lをすすめられました。
しばらく飲んでいますが、よく分からないです。あまり実感はないですね。(40代男性)
年齢とともに疲れがたまりやすくなっています。
多少の助けになればと思ってレバリズム・Lを飲んでいますが、まだ効果は実感できていないです。(40代男性)
いままでサプリメントを飲む習慣なかったこともあり、毎日続けるというのがけっこう大変です。
飲まないことには効果が出ないことは分かっているのですが、やっぱりめんどくさいですね。(50代男性)

レバリズムLの体験談

良い口コミ、悪い口コミありますが、実際に試してみないと分からない!と思い、体験してみました。
ぜひ参考にしてもらえるといいなと思います!

悩んでいる症状

営業という仕事柄、付き合いでの飲酒がとても多い生活を送っています。
このご時世無理に進められることはほとんどないのですが、自分がお酒が好きなのはみんな熟知しています・・・。(笑)

飲んで当たり前みたいな雰囲気があり、自分自身もそれは嫌いではありません。
こうしてコミュニケーションを取ることで仕事にもいい影響があると信じているからです。

若い頃からそんなスタンスでお酒と接してきたのですが、40を過ぎてそれを見直さないといけない状況がやってきました。
健康診断で初めて、肝臓の数値に関して警告を受けたのです。

そういえば最近、お酒を飲んだ次の日の辛さが増しているなとは感じていましたが、そこまで深刻には考えていませんでした。
今回ばかりは「このまま放置しておくと大きい病気になる」と医師に警告されたので、本格的に対策を取ることを決意しました。

まず始めたのが、飲酒量を減らすことです。

付き合いの回数自体を減らすのはなかなか難しいのですが、その中で飲む回数を1杯、2杯と少しづつ減らすようにしました。

そしてもうひとつ、おつまみを食べすぎないこと。

お酒を飲むと脂っこいものを食べたくなり、それがまたお酒を進めるという悪循環に陥ってしまいます。
食事の偏りも肝臓には良くないということだったので、野菜も食べるようにしました。

こうして対策を進めた結果、若干ではありますが数値は改善傾向になりました。
ただここまでの対策ではこのあたりが限界ということで、別の方法を検討することにしました。

それがサプリメントを取り入れることです。

レバリズムLを選んだきっかけ

いろいろ探してみると、肝臓に良いというサプリメントはたくさんあります。

はじめは価格重視で安いものを飲んでいましたが、効果はそれほど実感できませんでした。
しじみがいいと聞いたのでそちらからも探してみて、その中で目に止まったのがレバリズムLでした。

レバリズム

オルニチンを含むしじみに、亜鉛が豊富なカキ、それにビタミンなど、肝臓の働きをサポートしてくれる成分がたくさん入っていましたので、これを飲んでみることにしました。

初回は980円と安かったのですが、定期コースでも2回目からは3,980円と、これまで飲んできたサプリに比べるとかなり高価という印象がありました。
もちろん効果があれば問題ないのですが、やはり少し不安はありました。

のみやすさや飲むタイミング

レバリズムLは1日3粒です。

レバリズム


粒の大きさもちょうどよかったので、特に飲みにくいということはありませんでした。

飲むタイミングは朝食後にしていました。
いつ飲んでもいいそうですが、昼食や夕食は会社の同僚と摂ることも多いので、なんとなく気が引けたからです。

1か月後の効果

レバリズム

レバリズムLを飲み始めて1ヶ月。

この時点では血液検査をしていなかったので、具体的にどう改善したかは分かりませんでした。
ただし飲んだ次の日のすっきり感が、ここ数年感じたことのない、若い頃のような感覚になっていたのははっきりと覚えています。

これはレバリズムLが効いているのかな?とうっすらと思い始めました。

こうなるとついお酒を飲んでしまいたくなるものですが、それでは何の意味もありません。
しっかりお酒の量はセーブしつつ、肝臓の数値が改善することを期待して飲み続けることにしました。

半年後の効果

半年が経ちました。

血液検査を受けたところ、驚くべきことに肝臓の数値が正常値まで戻っていたのです。
医師からはよくここまでがんばったと褒められました。

お酒の量を減らしたり、食事に気をつけたりといろんなことに取り組んできましたが、やっぱり最後のひと押しをしてくれたのはレバリズムLだと思います。

肝臓もいい調子に戻ったところで、お酒もおいしく飲めるようになりました。
ここまでに至る過程で、以前ほどたくさん飲まなくても満足できるようになりました。
今まではたくさん飲むことありきだったのですが、適度にお酒を飲みつつ会話を楽しむことの楽しさが分かってきたのです。

肝臓の数値が改善してからは、こころなしか毎日元気に過ごせているような気がします。
これからも肝臓に優しい生活を送ろうと思いました。
もちろんレバリズムLにもしっかりサポートしてもらうつもりです。

レバリズムLのメリット・デメリットまとめ

体験談から見えてきたメリット、デメリットをまとめました。
もちろん個人の意見ですから、すべての人が同じ効果を実感できるとは限りません。

メリット
  • 飲みやすい
  • 朝のすっきり感がある
  • 肝臓の数値が改善した
  • 毎日元気に過ごせる
デメリット
  • 価格が高い
  • 飲酒量を減らすなどの対策も必要

デメリットについて補足しておきます。

「レバリズムL」の価格が高いのは、厳選された成分を使用しているからとのことです。
また「レバリズムL」は薬ではありませんので、これだけですべてが解決するというものではありません。
もちろん改善効果は期待されますが、お酒の量を減らしたり、暴飲暴食をやめたりするなど、根本的な対策も合わせて進めていくことが大切です。

こんな生活が肝臓に負担をかけている?

肝臓の働きとは

みなさんは肝臓がどんな働きをしているかご存知でしょうか。
簡単にまとめるとこの3つです。

  • 胆汁を分泌し、脂質が分解されやすくする
  • 摂取したものを代謝して別の形に変え、体中に送る
  • 有毒な物質を分解し無毒化する

これ以外にもさまざまな働きがあり、現時点では人工のものに置き換えるのが難しい臓器と言われています。

こんな生活が肝臓に負担!

肝臓に負担をかけがちな生活習慣として、このようなものが挙げられます。

  • 不規則な食事で栄養が偏っている
  • 遅い時間に食事をしている(夜食)
  • お酒を飲みすぎている
  • 睡眠不足、ストレス

ついやりがちなものも多いので、心当たりのある方も多いのではないでしょうか。
肝臓は沈黙の臓器と言われています。
異変を感じるのは症状が重大になったときであることから、こう呼ばれるのです。
肝臓に負担がかかった状態である「脂肪肝」を抱える日本人は1,000万人いると言われており、特に30〜40代の男性に多いとされています。

レバリズム・Lはこんな方におすすめ

そんな肝臓の不安を解消する手助けになるというのが「レバリズム・L」です。

  • お酒が大好き
  • 外食が多く食事が偏りがち
  • 運動不足
  • 飲み会続きで休まらない
  • 肝臓の数値が気になる
  • 最近油ものがもたれる
  • 少しでも長く健康でいたい
  • 食事のバランスが悪い

この中にひとつでも当てはまるものがあれば、「レバリズム・L」の効果を得られるかもしれません。

レバリズム・Lの成分・効果

それでは、配合している成分について詳しく見ていきましょう。

しじみエキス

まずはしじみエキスです。
「レバリズム・L」では、静岡県産のものを使用しています。

しじみエキスに含まれる代表的な成分といえば、オルニチンです。
オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓においてアンモニアの分解をサポートする効果があると言われています。
また、9種の必須アミノ酸が含まれていることもポイント。
必須アミノ酸とは、タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内では生成できないアミノ酸のことを指します。
必須アミノ酸が不足することはさまざまな不調の原因となりますから、それがしっかり含まれているというのはありがたいことです。

牡蠣エキス

その豊富な栄養素から、海のミルクとの別名もある牡蠣。
牡蠣に含まれるタウリンは、肝臓の解毒分解作用を助けます。
お酒の多い方にとっては特に注目すべき成分ですね。
そのほかにも、有害ミネラルの排出を促したり、中性脂肪の排出も促進すると言われています。

また、牡蠣に含まれる栄養素といえば、亜鉛を欠かすことはできません。
味覚の保持、抗酸化作用、生殖機能の改善などさまざまな効果がある亜鉛ですが、我々の食生活の中では不足しがちな栄養素と言われています。
そんな亜鉛を、すっぽんの約9倍、牛レバーの約3倍と、多く配合しているとされる食品よりもさらに多く配合しているのが牡蠣なのです。

スクワレン

深海に住むアイザメの肝油から抽出される成分です。
酸素と結びついて肝臓に酸素を運び、肝臓の働きをサポートします。
代謝を高める効果、免疫を高める効果もあると言われています。
スクワレンは年齢とともに減少していく成分ですので、外部から補給してやることが大切になります。

シスチン

L−シスチンは、体内でL−システインに変わります。
システインには皮膚の代謝を活発にする作用があるため、美容関係のサプリメントに含まれているケースが多いアミノ酸です。
肝臓においては、毒素の排出をサポートする働きがあります。

ビタミンB2

ビタミンB2は、皮膚や粘膜を保護する作用があります。
また、エネルギーの代謝を支える栄養素のひとつですので、元気が出ないと感じる方が摂るべき栄養素です。

ビタミンE

ビタミンEは高い抗酸化作用が近年注目を集めています。
細胞の老化を防ぎ活動を活発にする作用があります。
肝臓においても、その働きを支える重要な栄養素です。

レバリズム・Lの原料は本当に安全?

「レバリズム・L」は、すべての原材料を国内産にこだわっています。
中でもしじみは、もっともきれいな環境で育ったと確信できたことから、静岡産を使用しているとのことでした。
日本国内で製品化、専門機関による130項目の検査を経て、商品となって販売されます。

レバリズム・Lの飲み方

「レバリズムL」を飲む時間に指定はありません。
食前食後も決まっていませんので、飲み忘れをしないタイミングで飲むのがいいでしょう。
食後であれば消化器官の働きが活発になっていますので、スムーズに吸収され負担にはなりにくいでしょう。

レバリズム・Lに副作用はある?

これまでのところ、「レバリズム・L」を摂取したことによって重大な症状が発生したとの報告はありません。
とはいえ、体質によって左右される部分もありますから、すべての方が何の問題もなく摂取できるとは限りません。
万が一不調を感じたときには、医師に相談するようにしましょう。

レバリズムLにはアレルギーある?

「レバリズムL」の成分は以下のとおりです。

L-シスチン 80mg、ビタミンB 0.8mg、ビタミンE 8.0mg、牡蠣エキス末 10mg、シジミエキス末 10mg、スクワレン 10mg、サフラワー油 151.2mg、ミツロウ 18.0mg、グリセリン脂肪酸エステル 12.0mg

表示義務のあるアレルギー物質はありませんが、どんな食品でもアレルギーの可能性はあります。
摂取により体調に異変を感じた場合には、ただちに中断し医師に相談するようにしましょう。

レバリズムLは妊婦や子供も飲めるの?

「レバリズムL」は妊婦や子どもも問題なく摂取することができます。

「レバリズムL」には必須アミノ酸など20種類のアミノ酸に、身体の成長に欠かせないビタミンB2、ビタミンEなどのビタミンやミネラルなどが含まれています。
好き嫌いの多いお子様の栄養摂取に利用してください。
妊娠中においても、自然由来の原料が中心ですから、アレルギーなどがある場合を除けば問題になることはほとんどありません。
心配な方は医師に相談してから摂取するようにしましょう。

レバリズム・Lはどこで購入できる?

ここからは、「レバリズム・L」の購入方法について見ていきます。

Amazon

こちらでは、4,000円(税込・送料無料)で販売されています。
マーケットプレイスでの販売となりますので、出品者の情報はよく確認するようにしましょう。

楽天

こちらでは、6,050円(税込・送料無料)で販売されています。

公式サイト

こちらでは、通常価格5,980円(税込・送料無料)で販売されています。
ただし、定期コースがありますのでそちらもチェックしておきましょう。

公式サイトの定期コースがお得

公式サイトの定期コースでは、初回限定価格の980円(税込・送料無料)で購入することができます。
2回目以降は3,980円(税込・送料無料)での購入となります。

なお、定期コースに関して継続回数の縛りはありません。
解約したい場合は、次回配送の10日前までに連絡をするようにしましょう。

>レバリズムLの公式サイトはこちらをクリック!

肝臓に効くサプリ4つを比較!

最後に、肝臓の健康維持に効果があるとして販売されているサプリを比較してみます。

主な成分・原料 内容量 価格
レバリズム・L しじみ
牡蠣など
90粒(1日3粒) 3,980円(税込)
しじみ
にんにく極
しじみ
にんにくなど
60粒(1日2粒) 1,782円(税込)
オルニパワー
Znプラス
しじみ
牡蠣 など
120粒(1日4粒) 3,480円(税別)
海乳EX 牡蠣
ビール酵母など
62粒(1日2粒) 1,949円(税込)

全成分は公式サイトなどで確認してください。
価格は定期コースがある場合、初回キャンペーン価格を除いたものを記載しています。

サプリにプラスして!肝臓をいたわる2つの方法

「レバリズムL」についてお話してきましたが、これだけですべてが解決するわけではありません。
肝臓をいたわるような生活習慣が、何より大切になります。

バランスの取れた食生活

肝臓はアルコールだけではなく、あらゆる成分の分解を担当します。
肝臓を使いすぎてしまうと、例えば食欲が低下したり、脚がむくんだりといった症状を感じるようになります。
1度にたくさんの食事を食べて体内に送り込んでしまうと、肝臓への負担が大きくなります。
「腹八分目」という言葉がありますが、肝臓をいたわるためにも大切にしていきたいですね。
もちろんバランスの良い食事も、肝臓に限らずわたしたちの身体すべてにとって大切なことです。

お酒の飲み方

アルコールの強さは遺伝性のものであり、許容量には個人差があります。
よく「年齢を重ねてお酒に強くなった」という人がいますが、それはお酒になれただけであって、身体の機能がそれに対応して変わったわけではありません。
本来は強くないのに、強くなったと勘違いしてたくさん飲んでいると、それだけリスクも高くなります。

男性であれば一般的に、ビールの中瓶1本程度が1日の適量と言われています。
飲み会などで飲みすぎてしまった場合は、その前後で酒量を減らしてトータルで調整するようにしましょう。
休肝日を設けるのも有効ですね。

まとめ

忙しい毎日の中で、知らず知らずのうちに酷使してしまっている肝臓。
手遅れになる前に、生活習慣の改善はもちろんのこと、サプリメントの手を借りてサポートすることも大切かもしれません。
しじみや牡蠣などのパワーをしっかり凝縮した「レバリズム・L」は、一度試してみる価値があるものと言えそうです。

-健康
-, ,

Copyright© HumanHack , 2018 AllRights Reserved.